織物

ルックナゥ発行 『手織り手紡ぎ工房』

Hyo ISBN978-4-8004-0029-1  C9476

彦根愛著

3000円(+税)  205頁 実物大図案有

2013年1月1日 ルックナゥ発行




息子の中学受験の社会のテキストを読んでいたら、日本の

伝統的工芸品の説明があった。夏には農作業をし、冬は雪深く

農業ができないため、工芸品を作って生計をたてている地域がある。

織物や染め物、将棋の駒、漆塗り、焼き物、和紙など、それぞれの

地域の気候や手に入りやすい材料を上手に利用して長きにわたり

受け継がれ作られてきた。便利な時代になったことや

採算にあわないことなどから、受け継ぐ若人がいなくなって

しまったことなど、たまにニュースで聞いたりする。

自宅で作れるものは伝統的工芸品とはほど遠いが、織物など

やってみたいものだ。手織りの本をさがしてみた。織り機が必要なので、

すぐに挑戦できないが、以下に紹介するような楽しい作品が作れるらしい。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|