クリスマス

角川マガジンズ発行 『花時間 プリザ Vol.2 花のクリスマス&お正月』

HyoISBN978-4-8275-4366-7 C9476

1300円(+税)  162頁 型紙無

2008年10月30日 角川マガジンズ発行








12月に入り気分はクリスマス。今年こそ、プリザードフラワーで

リースに挑戦したい。プリザードフラワーとは、切り花を咲いた状態で

溶液につけ、脱水、脱色した後、保存液につけ、染料を使って着色し

乾燥させたもの。湿気などに注意して保存状態がよければ、10年くらい

綺麗なまま楽しめるそう。本物の花なので、その質感がほんものの

花そのもの。

玄関にクリスマスリース、お皿に飾って、テーブルにも置きたい。

そうだ、娘が結婚する時までに腕を磨いて、花嫁のブーケも作ってあげたい・・・

なんて、夢は大きくなるばかり。たっぷり時間があるので勉強してみよう。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったページを

転載させて頂きます。

026_343

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

婦人生活社発行 『パッチワークのクリスマス』

Hyo_2ISBN4-574-80096-8 C9477

796円(+税) 81頁 型紙有

1996年11月20日 婦人生活社出版




12月に入ると、街にはイルミネーションやクリスマスツリーを見かける。

面倒だが、我が家のクリスマスツリーも出そうかな。

子供が小さい頃は喜んでくれたけど、ここ数年は感動もない。

家の中で走りまわったり、蹴ったボールがぶつかったりして、

私は怒ってばかり。何のために飾るのかわかったものではない。

クリスマスツリーが終わると、慌ただしく正月飾り、お雛さま、そして五月人形。

1年の半分は、「あれを出さなくては!!  しまわなくてはに!!」に追われる。

季節の伝統行事にあわせ、食卓を飾るお料理も作ってあげたい。

子どもが大きくなった時、楽しかったと思い出してくれるようにあの手この手で

準備するのは、なかなか忙しいのである。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったものを

ひとつだけ転載させて頂きます。

026_322

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|