フェルト

パッチワーク通信社発行 『作ってあげたいフェルトのぬいぐるみ』

HyoISBN978-4-86322-430-8 C9476

さいとうのりこ著

1238円(+税)  実物大図案有

2013年2月14日  パッチワーク通信社発行




数年前の夏、北海道の熊牧場で、たくさんの熊を見た。

大きくてすごい歯をしていて、こんな獰猛な動物に襲われたら

人間なんてひとたまりもない。もし、山で出くわしても

大きな声を出したり、走ってにげたり、死んだ真似をしても

意味がないそうだ。静かに後ずさりしてにげなさいと教わった。

熊牧場では、高台から眺めたり、厚いガラスごしに至近距離に

近づいて、そのしぐさや目をじっくり眺めた。

実際にはとても怖い動物にもかかわらず、手の動きや目が可愛い。

世の中にはいろんな動物がいるけど、実際の獰猛さと関係なく

キャラクターになったり、絵に描かれたり、こんなに愛されている動物も

少ないような気がする。フェルトで作られた熊が非常に愛らしい本を

見つけた。ひな人形がとっても微笑ましい。

↓amazon.comじ立ち読みできます。

|

日本ヴォーグ社発行 『アンパンマンと元気な仲間たち』

Hyo ISBN4-529-03850-5 C9477

952円(+税)  65頁 実物大図案有

2003年8月2日  日本ヴォーグ社発行






子どもの多くは3歳前後にアンパンマンが大好きな時期を過ごす。

大人の目には、何が面白いのかわからないが、我が家の息子も、

カレーパンマンが大好きだった。

アンパンマンは、作者のやなせたかしさん自身の戦中・戦後の深刻な

食糧事情が背景にあり、自らの飢えの体験から「困っている人に

食べ物を届けるヒーロー」という発想から生まれたらしい。

当初、大人の漫画家にはひどい作品だと酷評されたらしいが、

子どもたちには、じわじわと人気が上がっていったそうだ。

50歳を超えてから書いた作品であり、売れ始めたのは

70歳近くになってからだという。

是非、子どもが大好きなアンパンマンをアップリケしたランチョンマットや

スモックなど、たくさん手作りしてあげたい。

アンパンマンが見てるよ~というと、ご飯もたくさん食べてくれるし、

お片づけも一生懸命にやってくれる。アンパンマンパワー、大いに

利用しよう。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

ブティック社発行 『サンリオキャラクターのフェルトマスコット&こもの』

Hyo

ISBN4-8347-2125-6 C9476

857円(+税)  96頁  実物大図案有

2004年3月15日 ブティック社発行



キティちゃんをみつけると、思わず手にとってしまうのは

なぜだろうか?  世界109の国と地域に広がり、年間に稼ぎだす

利益は150億円にものぼるそうだ。確か、NHKのキティちゃんの

特集番組を見ていたら、調査の結果、購入動機の第一位は

「ピンクだから」ということらしい。ピンクで売り出したのは

周到なビジネス戦略によるものらしいが、私も知らず知らずの

うちにその戦略に洗脳されてしまっている。

今日、ご紹介する本にも、手作りのかわいいサンリオキャラクターが

たくさん登場し、とても和みます。ひとつ作って携帯にぶらさげようかな。

娘なんて大喜び、受験の時などのお守りに、ママ手作りキティちゃんを

持たせてあげよう。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

日本ヴォーグ社発行 『羊毛フェルトの基礎BOOK』

Hyo ISBN978-4-529-04971-9 C5277

脇坂雅子著 

1000円(+税)  79頁  実物大図案有

2011年7月24日  日本ヴォーグ社発行





羊毛フェルトをご存じでしょうか?  こんなに簡単に手芸を楽しめる方法が

あったなんて、生きていて良かった~(ちょっと大げさ)。

羊毛を専用の針でチクチク刺すだけで、かわいい丸ができて

それをつなげて動物を作ったり、フルーツを作ったり、少し高度になると

ハートや四角、もっともっといろんな形ができます。

手芸は好きなのに、どうも何を作っても納得のいく出来ばえにならず、

根気が続かない人に、ぴったりなのではないかと思います。

作るのは好きなのに、うまくいかずすぐに怒りだす不器用な娘も

これなら楽しめそう。時間を忘れてチクチクしたら、アッ! という間に

完成しちゃいます。幼稚園生のような小さな子でもできますよ。

是非、手にとってご覧になってみてください。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

日本ヴォーグ社発行 『20cmのフェルトでつくるフェルトのおままごと-ぜーんぶ手ぬい』

HyoISBN4-529-04265-0

1000円(+税) 66頁 型紙有

2007年4月25日第二版 日本ヴォーグ社発行





女の子はもちろん、男の子も小さい子の定番の遊びといえば、

おままごとがある。ぬくもりのあるフェルトで野菜などを作ってあげたら

喜んで使ってくれる。寝るときにはふとんに、お出かけの時には

ポケットに入れて持っていったりする。出かけた先で失くしたりするのだが。

まあ、それほど大切にしてくれると嬉しいものである。

ひとつでもふたつでも作ってみませんか。

↓amazonで立ち読みできます。

|