« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

文化出版局発行『ポケットの基礎の基礎』

Hyo

ISBN978-4-579-11347-7 C5077

水野佳子著   

1300円(+税)  71頁  型紙有

2011年2月7日   文化出版局発行


既製品の服を購入した時、ポケットが単なる飾りだったりすると、がっかりする。

買ってから気がついた時には、ちょ~、頭にきたりする。

まあ、しっかりチェックしなかった自分が悪いのですが。

洋服を作るのに、ポケットはちょっと面倒だ。でも、着た時にポケットが

あるのとないのとでは、その便利さに格段の違いを感じる。

女性は、体型を崩すのでポケットにものを入れない方がいいと

言われているが、私の場合、今や崩れ切った体型には関係ないかな。

それはともかく、洋服のデザインをいっそう引き立てるポケットを

作りたいものだ。ポケットの作り方を詳しく説明した本、ありましたよ~。

箱ポケットなど、仕上がりが非常に奇麗だが、ちょっと難しい。

ポケット作りに悩んでいる方、今日、ご紹介する本、参考になると思いますよ~。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

池田書店発行『洗濯・衣類のきほん』

Hyo

ISBN978-4-262-12049-2 C2077

1200円(+税)  143頁  型紙無

2007年11月29日 池田書店発行







洗濯の本を見つけた。もう何十年も洗濯をしてきたが、

数々の失敗を重ね、おおよその知識は身につけたつもりだ。

せっかく何時間もかけて編んだセーターを洗濯したら、

縮んでしまったとか、他の服の色がついてしまったとか。

ポケットに入ったままの時計に気づかずに、やけに今日は

洗濯機がガタガタいうな~と思っていたら、時計も洗濯し、

ダメになってしまったり。ドジの自慢なら事欠かない。

しかし、洗濯をしないで生活することはできない。

毎日のことなので、どう上手に仕上げるか戦い続けるのであった。

洗濯は、基本的なノウハウを身につけ、一手間かけると仕上がりも随分

違って気持ちのいいものだ。100円ショップの洗濯板を使って、

シャツの首の汚れや子どもの靴下の汚れを下洗いしてから洗濯機に

入れると汚れ落ちがまったく違う。汚れに勝利した気分。

毛玉のできやすいものは裏返して洗濯するとか、洗濯ネットに入れるとか、

Yシャツのポケットにたまったほこりは古いハブラシで取り除いてから洗濯するとか、

ちょっとしたテクニックが数えきれないほどある。高価な洋服はいらないが、

小奇麗に手入れの行き届いた洋服を着ている人を見ると、おしゃれだなあと思う。

子どもにも洗濯の行き届いた清潔なものを着せてあげたい。

今日、ご紹介する本、洗濯知識の見直しに絶対に役立ちますよ。

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

ブティック社発行『型紙の補正』

Hyo

ISBN978-4-8347-3054-8 C9476

土屋郁子著

943円(+税)  141頁  型紙無

2010年7月30日 ブティック社発行



洋服を作るのに、型紙は必需品だ。直線だけを縫い合わせて

作るような服もあるが、体の曲線に合わせて立体的に

平面の布を縫い上げるには型紙がなくてはなかなか難しい。

でも、私は一から型紙を書くノウハウがないので

洋裁の本を見て自分の寸法に置き換えて描いてきた。

最近は、巻末に型紙が書かれた紙がついていて、自分にあった

サイズを書き写して切れば簡単に描けるようになった。

便利になったものだ。だがしかし、私の場合、年々代謝が落ち、

一般的な型紙で作った洋服は、合わないところが出てきてしまった。

ウエストが立派になり、ヒップとの差は縮まる一方。

二の腕は発達し、肩廻りが窮屈だ。洋裁本についている型紙では

完成した洋服に余計なところにしわが入ってしまう。どうしたものかと

考えていた時にある本を見つけた。型紙は補正して使えばいいんだ!!

しわにお困りのな方、一度ご覧あれ。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

日本ヴォーグ社発行『こどものニットワードローブ』

Hyo

ISBN978-4-529-04607-7 C9477

1048円(+税)  89頁  型紙無

2008年9月27日  日本ヴォーグ社発行






最近、寒くなると暖かくて軽い素材のフリースの洋服が

たくさん出回っている。もちろん大好きだし、重宝しているが、

ニットにもまた、そのよさがあって捨てがたい。

いろんな色を使って編み込んだ模様も楽しいし、シンプルな色で

模様編みを楽しむのもステキ!!

寒くなってきたし、何か編みたくなってきた。毛糸を買いに

行かなくっちゃ。今日ご紹介する本の作品、ちょっと大きく編んだら、

大人でもいけそうな上品な作品が詳細されています。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »