« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

マガジンランド出版『かわいい"name"刺しゅうのイラスト&図案集』

Hyo

ISBN978-4-905054-8 C5077

1300円(+税)   95頁  型紙無

2012年3月2日  マガジンランド出版発行




今日、ご紹介する本、子どものシャツの袖やパンツのすそに

名前とイラストを刺しゅうした作品が紹介されている。

刺しゅうは、もちろん知っていたが、名前をイラストにからめながら

刺しゅうするという発想がなかった。いつもながら、手芸大好きなのに

頭が固い自分にがっかりしてしまう。学校で使用する袋ものなどには

子どもの好きな色の布で袋を作って、名前をイラスト風に刺しゅうしてあげると

いうのも斬新なアイディアだ。いつも名前はマジックで書いていたが、

今度、作ってあげよう!! 


↓amazon.comで立ち読みできます。

|

雄鶏社発行『ブックカバーの本』

Hyo

ISBN4-277-43071-6 C5077

1000円(+税)  83頁  型紙無

2005年11月20日 雄鶏社発行








私の誕生日に娘が手作りのブックカバーをくれた。中学3年生の

作品にしてはお粗末な出来ばえだが、その思いやりがうれしい。

旦那や息子にはない発想だ。(最近の私の口癖、女の子はいいね~。)

しかし、「本の大きさや厚みを考えた? 」と聞きたくなるような代物だ。

しかも近いうちにクラブ活動の先輩が引退するので、ブックカバーを

プレゼントするというではありませんか。手頃な値段で作れて

難しくなく、心がこもっていてアイディアとしては素晴らしい。

しかし、本をしっかり参考にして作らないと、ご迷惑かも。

でも、こんなにシンプルなんだけどこんなに楽しいブックカバーがあるよと

思わせてくれる本、見つけました。どうぞご覧あれ。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったものを

ひとつだけ転載させて頂きます。

Pict0022

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

成美堂出版発行『はじめてのおさいほうBOOK』

Hyo_5

ISBN978-4-415-30311-6  C2077

1000円(+税)  127頁 型紙無

2008年4月20日 成美堂出版発行






娘が家庭科の授業で使用する布が必要だというので、一緒に買いに行った。

久しぶりに手芸店で過ごす時間、私は何時間いても飽きない。

片っ端から布を見て、ビーズを見て、毛糸を見て、最近流行りの

手芸品に、最新式ミシン、本もチェック。あ~、幸せ。

しかし、娘はお腹が空いたと言う。 息子を連れて行くより、ずっとずっと

ともに買い物を楽しめるが、私の手作り命の血筋は、娘は残念ながら

引き継がなかったようだ。

私の母も不器用の王様みたいな人だった。そして娘も。

手芸好きは、隔世遺伝なのだろうか。今日、ご紹介する本、

縫い物の基本から紹介されていて、生活の中でちょっと楽しめる作品が

掲載されている。日々の生活の中に、自分で作った手作り品が

あるのって、私は好きだな~。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

雄鶏社発行『ベビードレス』

Hyo_2

ISBN978-4-277-72249-0 C5077

1300円(+税)   71頁  型紙有

2007年5月10日  雄鶏社発行






中学3年生の娘がボランティアで保育園3歳児クラスのお手伝いを

することになった。それはそれはいろんな発見があったようだ。

一番の収穫は、小学6年生の自分の弟が、まともな子に思えるように

なったことだそうだ。日頃から、マザコンで自己中でわがままだと

思っていた弟が、3歳児に比べたらはるかに成長した人間に思えたらしい。

3歳児と小学6年生を比べるのもどうかと思うが。

子どもは人間の本質をむき出しにして生きている。大人はそんな子どもの

むき出しの欲望にも答えてあげるが、子ども同士は遠慮がない。

喧嘩が耐えないが、そこから学ぶものは大変価値がある。

我が家の子ども達は、もう一人赤ちゃんが

欲しいと言うが、ママにはもう一人育てる元気はないと断っている。

でも、赤ちゃんの洋服の載った本など見ていると、一番赤ちゃんが欲しいのは

ママかもしれない。本当、ベビードレス、かわいい。

本だけ見ても癒される~。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったものを

ひとつだけ転載させて頂きます。

003

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

日本ヴォーグ社発行『おとな帽子+こども帽子』

Hyo

ISBN978-4-529-04977-1 C5077

1200円(+税)  71頁  型紙有

2011年7月30日  日本ヴォーグ社発行






先日知り合いとデパートの入り口で待ち合わせをした。

知人が遅れてくるというので、入り口の脇にあった帽子店を覗いていた。

いろんなものを好き勝手にかぶっては鏡などを見て、「う~ん、どれも

小さくて私の頭には入らない、しかも似合わないなあ。」と思いつつ、

衰えた容姿のせいねとガックシしたものの、これでもかと片っ端から

試してみた。棚の上の方にあったステキな帽子、これ欲しい~。

と思い手にとってみたところに、店員さんが近づいてきた。

「これは人気があって割引はないんですよ。」という。

えっ、割引がない?  いくらだろうと見たら、26000円。ぎゃ~、今更、

いらないともいえず、一応かぶってみた。あ~、良かった、私の頭には

小さすぎて入らなかった。「残念ですが、入らないので。」と言って、そそくさと

逃げてきた。小さくて良かった~。

帽子の本、さがしてみました。実は、たくさん本も出ているし、型紙も

ついていて、自分の頭にあった大きさに作れる。私のようなデカ頭でも

大丈夫。たくさんの布を使うわけではないので、洋服を作ったあまり布で、

作ってみるのもいいかもしれない。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »