« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

ブティック社発行 『スワロフスキー・エレメントワイヤーで作るモードジュエリー』

Hyo ISBN978-4-8347-3141-5 C9476

余合ナオミ著  1429円(+税)  88頁 型紙無

2010年12月30日  ブティック社発行




東京の銀座に石造りのかっこいいビルがあり、ぴときわ美しい

店構えのおしゃれな店がある。入り口には、スワロフスキーと書いてある。

そっと窓から覗いてみると、それはそれは美しい宝石の類が並んでいる。

お店には、お客さんはほとんどいないし、店員さんはたくさんいるし、

高そうだし、敷居が高くてとても入れなかいが。

でも、実はスワロフスキーのビーズを使ったアクセサリーの本が

たくさん出版されている。それはそれは奇麗だ。

今日は、ご紹介する一冊、見るだけでも楽しくなりますよ。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

文化出版局発行 『エプロンの本』

HyoISBN4-579-10803-5 C5077

茅木真知子著   1200円(+税)  75頁  型紙有

1999年12月12日  文化出版局発行



中学生になった娘が家庭科の授業でエプロンを作って帰ってきた。

ピンクの水玉がとてもかわいい布で、ずいぶん前に一緒に選んだのを思い出した。

それにしても、中学生にはよく似合うが、私がつけたら、とてもじゃないけど、

恥ずかしくて人前に出れないような愛らしさだ。選んだ時には、少なからず

仕上がったエプロンを自分がしているのをイメージして選んだような気もするが...

でも、エプロンは、いくつになっても家庭や母を感じる衣装だ。

そうだ、私もエプロンをつけよう。洋服は作っても着て行くところがないが

エプロンなら毎日でも使える。ワンピース型、スカート型、巻きスカート型、

割烹着型、清潔感のある色で早速作ることにしよう。少しずつ余ってしまった布を

利用してもいいかもしれない。

今日、ご紹介する本、エプロンもステキとあらためて気づかせてくれる本です。

ぜひ、ご覧ください。

↓ amazon.comで立ち読みできます。

|

文化出版局発行 『ホームクチュール 手芸をブラス』

Hyo ISBN4-579-10812-4 C5077

茅木真知子著   1200円(+税)   77頁  型紙有

2000年4月30日  文化出版局発行




今日、ご紹介する本は、夏物のワンピースがたくさん掲載されているが

仕上げに手芸の要素をプラスしているところがお気に入りだ。

スカートの裾、10cmあたりに刺繍を施したり、袖口にレースをつけたり、

ちょっとした絵心が一ランク上の仕上がりにしている。

掲載されているワンピースは夏物だが、冬物の布地に変えて作ったら

タートルネックのプラウスやセーターの上に重ね着できそう。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったものを

ひとつだけ転載させて頂きます。

Pict0003

↓  この本についての詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

文化出版局発行 『好きな布でつくる服』

Hyo_4ISBN978-4-579-11190-9 C5077

茅木真知子著 1300円(+税) 78頁 型紙有

2008年4月27日 文化出版局発行


街を歩けば、様々な人とすれ違う。見るからにお金持ちそうなおば様、

今どきの女子高生、よれよれのサラリーマンに、元気なサラリーマン、

派手なOLもいれば、地味なOL、みんなそれぞれの生活や価値観が

あって、今ここにいるのだろうなあと眺めてしまう。

でもやはり年相応なおしゃれをして、さっそうと歩いていく人がかっこいい。

おば様になっても、ちょ~おしゃれをしている人もいるが、フリフリの

プラウスやショッキングピンクのワンピースは、違和感があるなあ。

控えめな洋服の方が上品に見えるのは、田舎者のせいだろうか。

私の最近のお気に入りの洋服、今日、ご紹介する本に載っているような

飽きのこない控えめなデザイン。ご覧になってみて。

↓ amazon.comで立ち読みできます。

|

文化出版局発行 『かんたんなのにGood Looking』

Hyo ISBN978-4-579-11350-7 C5077

茅木真知子著 1300円(+税) 79頁 型紙有

2011年5月1日 文化出版局発行

長い夏休み、子どもが家にいると、目覚めるのと同時に姉弟げんかが始まる。

宿題をやらせたくても、なかなかやらない。お昼ごはんの準備もある。

母はイライラが募るばかりだ。もう、小さくないので、お昼寝もせず、

朝から晩までうるさいのである。母は、本当に疲れる。

あるお友だちママは、「毎朝、すべての家族を送り出した8:10が一番好き。」

と言っていた。わかるわかる、その気持ち。

早く学校がはじまって、自分の時間がほしいよ~。まずは、洋服を作ろうと。

今日、ご紹介する本、かんたんで見た目すっきりのお洋服が紹介されています。

↓amazon.comで立ち読みできます。

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »