« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

布で彩る四季の花たち コットンの花屋さん PartⅡ

Hyo 高橋恵美子著 

ISBN4-277-46192-1 C5077

860円(+税) 72頁 型紙掲載

1998年2月10日 雄鶏社発行


少しずつ余ってしまった布が押し入れにいっぱい。

その布でこんな風にお花が作れるなんて考えたことがなかった。

可愛い枯れないお花を作ろう。スカートと同じ柄の花が

テーブルの上にあったら、ちょっぴり楽しいかも。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったものを

ひとつだけ転載させて頂きます。

Pict0016_5

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

日本ヴォーグ社発行 『クチュール・ニット春夏2』

Hyo 志田ひとみ著 

ISBN978-4-529-04802-6 C9477

1048円(+税) 81頁 型紙無

2010年3月2日 日本ヴォーグ社発行



猛暑の夏、うだる様な日差しのもと、一歩も外にでたくない。

冬の寒い日に暖かい部屋で編み物をするのもいいが、

暑い日に適度に冷房の効いた部屋で、エレガントなニットを

編むのも格別。夏は透かし編みのニットなど涼しげに見える。

今日は、襟元に通したコードを絞ったり、伸ばしたりして

ショールを二通りに楽しめる作品がとても気に入った一冊を

ご紹介。著者の志田ひとみさんが出している本はたくさんあるが、

どれも大人のエレガントなデザインばかりで大好き。

是非、一度手にとってみてください。きっと気に入った作品が

みつかるはず。

↓amazonで立ち読みできます。

|

日本ヴォーグ社発行 『はじめてのプリザーブドフラワー』

Hyo

白石新子著

ISBN4-529-03801-7 C5077

1200円(+税) 65頁 型紙無

2003年2月23日 日本ヴォーグ社発行




テーブルや玄関に飾られたお花をうっとうしく思う女性はいないだろう。

ただ、毎日、水をかえたり、落ちた花びらの掃除は面倒だ。

しかし、造花は、今ひとつ風合いがない。

プリザードフラワーをご存じだろうか。

プリザードは、英語で「保存する」という意味だそう。生花の樹液を抜き取り

特殊な加工によって、生花のような質感を保つことができるとのこと。

水や光は必要ないので、一切のお世話が必要なし。

しかも、まるで見た目は生花のよう..。

手芸店に行ったら、いろんな種類のプリザーブドフラワーが売っていた。

自分で好きな花や葉を買い求め、早速、アレンジしてみよう。

↓amazonで立ち読みできます。

|

ブティック社発行 『ファブリックステンシル』

Hyo 角田まさ子著 

ISBN978-4-8347-5721-7 C9476

1143円(+税) 79頁 型紙無 図案掲載有

2008年6月10日 ブティック社発行



無地のTシャツやパンツに、ちょっとしたポイントがある洋服が好き。

今日、ご紹介する本、布にステンシルでお花などを描いた作品が

掲載されている。絵心がなくても真似するだけで同じように描ける。

スーパーで買った安いGパンに描いてみたくなった。

↓amazonで立ち読みできます。

|

ブティック社発行 『知りたい事がすぐ解かる 洋裁』

Hyo

ISBN978-4-8347-5779-8 C9476

2800円(+税)  626頁  型紙無

2009年5月10日 ブティック社発行








洋裁に関して多少の知識はあったものの、専門的な勉強をした訳

ではないので、自己流で仕上げていた部分も少なくない。

つい最近、洋裁の製図の書き方から部分縫いまで、

いろんな技術が解説された本を見つけた。洋裁技術に自信のない方、

もう一度確認したい方には役立つ本だと思う。

↓amazonで立ち読みできます。

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »