« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

日本ヴォーグ社発行 『一週間でできるパッチワークこもの』

Hyo

ISBN4-529-04229-4 C5077

1200円(+税) 87頁 型紙無

2006年4月18日 日本ヴォーグ社発行







日本人はブランドに弱い。私は、ブランドのバッグも洋服も興味はないが、

クリスマスに焼くキチンだけは、ブランドものの地鶏にこだわる。

地鶏と思って食べると、おいしい気がする。ブランドとは、高かった分、

ありがたく思うことにあるのかもしれない。

そして、お料理をするのに、私ブランドのエプロンが欲しくなった。

招いたお友達に「そのエプロン、ちはるブランド?」と言われるのが

一番嬉しかったりする。どんな高価なブランドより。

しかし、本からアイディアをもらっているのは秘密だけど。

今日、ご紹介する本に掲載されているエプロン、ちょっと個性的で好き。

↓amazonで立ち読みできます。

|

文化出版局発行 『斉藤謠子に習う はじめてのパッチワーク』

Hyo_2ISBN978-4-579-11174-9 C5077

1600円(+税) 95頁  型紙有

2008年1月28日 文化出版局発行




パッチワークを多少なりともかじったことがある方なら、斉藤先生の

作品を見たことがあるだろう。たまたま手にとった本だが、シックな色使いが、

この季節にぴったりだと見入ってしまった。作り方も懇切丁寧に写真付で

紹介されている。ミシンばかり使っていた私は、ミシン縫いにはない

細かな表現に脱帽だ。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったものを

ひとつだけ転載させて頂きます。002_3

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

ブテッィク社発行 『余り毛糸で編む小物40点』

HyoISBN4-8347-2486-7 C9476

800円(+税) 80頁 型紙無

2006年12月10日ブティック社発行




近頃、めっきり寒くなった。やはり寒くなると家の中で暖かいコーヒーを入れて、

毛糸の玉をいっぱい並べて、テレビなどつけてゆっくり編み物がしたい。

家に猫がいた時には、動く毛糸玉に猫がじゃれついてかわいかった。

作業がはかどらないが楽しい。

今日は、ちょっとした空き時間に編める小物が掲載された本をみつけた。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったものを

ひとつだけ転載させて頂きます。

026_495

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

角川マガジンズ発行 『花時間 プリザ Vol.2 花のクリスマス&お正月』

HyoISBN978-4-8275-4366-7 C9476

1300円(+税)  162頁 型紙無

2008年10月30日 角川マガジンズ発行








12月に入り気分はクリスマス。今年こそ、プリザードフラワーで

リースに挑戦したい。プリザードフラワーとは、切り花を咲いた状態で

溶液につけ、脱水、脱色した後、保存液につけ、染料を使って着色し

乾燥させたもの。湿気などに注意して保存状態がよければ、10年くらい

綺麗なまま楽しめるそう。本物の花なので、その質感がほんものの

花そのもの。

玄関にクリスマスリース、お皿に飾って、テーブルにも置きたい。

そうだ、娘が結婚する時までに腕を磨いて、花嫁のブーケも作ってあげたい・・・

なんて、夢は大きくなるばかり。たっぷり時間があるので勉強してみよう。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったページを

転載させて頂きます。

026_343

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »