« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

婦人生活社発行 『パッチワークのクリスマス』

Hyo_2ISBN4-574-80096-8 C9477

796円(+税) 81頁 型紙有

1996年11月20日 婦人生活社出版




12月に入ると、街にはイルミネーションやクリスマスツリーを見かける。

面倒だが、我が家のクリスマスツリーも出そうかな。

子供が小さい頃は喜んでくれたけど、ここ数年は感動もない。

家の中で走りまわったり、蹴ったボールがぶつかったりして、

私は怒ってばかり。何のために飾るのかわかったものではない。

クリスマスツリーが終わると、慌ただしく正月飾り、お雛さま、そして五月人形。

1年の半分は、「あれを出さなくては!!  しまわなくてはに!!」に追われる。

季節の伝統行事にあわせ、食卓を飾るお料理も作ってあげたい。

子どもが大きくなった時、楽しかったと思い出してくれるようにあの手この手で

準備するのは、なかなか忙しいのである。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったものを

ひとつだけ転載させて頂きます。

026_322

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

パッチワーク通信社発行 『おうちで使う布小もの』

Hyo_2ISBN4-89396-884-X C9476

1314円(+税) 97頁 型紙有

2006年4月8日 パッチワーク通信社発行




台所や洗面所、トイレなどに、控えめな色合いの布小ものを

たくさんおいて、毎日、何回も眺めていたい。

今日、紹介されているようなテイストの小物が、家の中にあふれていたら

和みそう。

本の中で紹介されている作品のうち、私がもっとも気に入ったものを

ひとつだけ転載させて頂きます。

026_826

↓この本について詳しい情報は、amazon.comをご覧ください。

|

パッチワーク通信社発行 『パッチワークで手づくり あこがれのカントリー』

Hyo3ISBN978-4-89396-983-5 C9476

1305円(+税) 97頁 型紙有

宮本邦子指導 

2007年7月26日 パッチワーク通信社発行




田舎育ちの私は断然都会が好きだ。都会の喧騒や洗練されたビル。

田舎にはない活気や空気がある。

でも、パッチワークの世界では、アメリカの田舎を彷彿させるカントリー

風の作品に癒しを感じる。控えめな色合いが暖かく、素朴なデザインには

飽きがこない。家の中のどこか一カ所をカントリーに統一したら新鮮かも。

今日、ご紹介する本、カントリーなぬくもりがとてもステキ。

↓amazonで立ち読みできます。

|

成美堂出版発行 『パッチワークキルトの基礎BOOK』

PhotoISBN4-415-02976-0 C2077

1000円(+税) 95頁 型紙無

監修 高木良子

2005年5月10日成美堂出版発行




今日、ご紹介する本は、パッチワークキルトの基礎が順を追って丁寧に

書かれている。一通りの基本がしっかりおさえてある。もし、パッチワークを

はじめたいと思っていたら、手にとってご覧になってみてください。

役立つはずです。

↓amazonで立ち読みできます。

|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »